ずきしらずの実サプリメント通販|偏頭痛に効く!効果・副作用は?

偏頭痛はどうして起きるの?

頭が突然重くなったり、ずきずきとした痛みが走ったり、偏頭痛はいつ起こるか分からない上に、症状が現れると、様々なことが手につかなくなる場合もあります。多くの方がこのような頭痛に悩んでいらっしゃいますが、そもそも偏頭痛は、どのようなメカニズムで起きてくるものなのでしょうか。

筋肉のコリが原因となる場合

偏頭痛は、首や肩のこりが原因となって起こる場合があります。現代は、仕事だけではなく、日常の中でもパソコンを使用される方が多いと思いますが、腕を固定させたままの不自然な姿勢は、首や肩のこりの原因となる場合があります。首や肩の筋肉が固くなると、その分、血流が悪くなり、頭の筋肉もこりやすくなります。血液の循環が悪くなることで、体内の老廃物が滞りやすくなり、このことが要因となって、偏頭痛になりやすくなるため、できるだけ、作業の合間に身体を動かすなどの工夫をする必要があるかもしれません。

眼精疲労が原因となる場合

目を酷使すると、目の筋肉がこりやすくなり、視力低下だけではなく頭痛を誘発することがあります。現代は、パソコンやタブレット、または、スマートフォンなどが普及している時代です。日常の中で電子機器に触れない人はいないというほど、多くの方が、当たり前のように、これらを使用している状態ですが、電子機器が発する光は、目に良くないと言われています。目を酷使することで、偏頭痛になりやすい場合には、できるだけ目を休めるなどして、1日の使用する電子機器の時間を短くすると良いでしょう。

脳内の血管の広がりが原因となる場合

不自然な姿勢を長時間続けていることによって、筋肉がこりやすくなります。筋肉のこりは血流が悪いことが原因であることが多いのですが、このような原因のほかに、脳内の血管が広がることが偏頭痛の原因となる場合があります。脳内の血管が広がると、周囲の神経を刺激して、炎症物質が生じてしまい、この物質が原因となって偏頭痛となる場合があります。過度なストレスが続いた後、その緊張状態から解放されたような時に、頭痛となる場合には、血管が広がることによって神経を刺激してしまうことが原因であるかもしれません。このような場合には、できるだけリラックスできるような時間を持つようにして、ストレスを溜めないことが大切です。

↑ PAGE TOP